民家表通りに

よくエネルギーがでたとかくしゃみが出たとかで通った民家表通りの小児科があります。
長女が治ったって思ったら今度は妹の番だ。
但しあの小児科にはお世話になりました。
いつもいく度にこういう医師は決まって「感冒ですね」。
こういう医師、感冒としか言わないのではないかとおもうほど、よく双方の次女は感冒をひいていました。
いよいよ、双方ともナースくんにタイトルを覚えられていたぐらいだ。
そのナースくん、近くの上級で随時逢うことがあります。
逢うたびに「○○ちゃん感冒ひいてない?」って次女らに声をかけてくれましたが、長女という妹ってごっちゃになり、たまには双方のタイトルがまじりあってしまうことも(笑)
でも、気さくに声をかけていただけるしばらく女性のナースくんだ。
双方の次女も大きくなり、最近はその小児科にはお世話になっていませんが、近頃ばったりいつもの上級でそのナースくんの衣装を見かけました。
依然として意気そうな衣装をみて、「次回孫ができたらまたお願いしますね」といった心の中でコソコソつぶやいていた身でした。
顎のニキビシミ対にパルクレール